思春期ニキビ

思春期ニキビ

思春期ニキビに悩み、どうにかならないかと思っていた人も多いことでしょう。
思春期の時期にできるニキビの原因として何があるのでしょうか。
13~18歳くらいまでの思春期には、男性ホルモンが男女問わず分泌されるのです。
こうした男性ホルモンの活発化によって、毛穴の中にある皮脂腺と呼ばれる部分を刺激してしまうようです。
そのため皮脂の分泌が活発化し、毛穴の部分が詰まることになります。
さらに、その皮脂でふさがれている毛穴に常在菌であるニキビ菌が繁殖することによって、思春期ニキビと呼ばれることになります。
この思春期にできるニキビについては、20歳を過ぎる頃には自然に治っていくものです。
実際、思春期ニキビで悩んだ人の多くが、男性ホルモンの過剰分泌が止まり、ニキビが気づかない間に出なくなったようです。
それでもニキビが気になって仕方がないと思いますが、毎日の洗顔などを怠ることなく、肌を清潔にしておくことを意識しましょう。
10代の頃から化粧をする方もいらっしゃるようですが、それも思春期にできるニキビの原因のようです。
思春期のニキビは大人になれば出なくなりますが、対策を何もしないというのは間違っています。
ニキビ治療を怠らないことによって、顔にニキビ跡が残るのを防ぐことも大切です。
思春期ニキビを治療する時に注意すべきことは、ニキビを潰すということを絶対にしてはいけないことです。
潰してしまった場合は、ニキビの跡が肌に残ることになります。
毎日しっかりと洗顔を行い不摂生な生活を改めることは、思春期にできるニキビの治療になると同時に、ニキビの予防にもなるのです。
最初の段階として、簡単に出来る普段の生活から見直してみるようにしてください。


このページの先頭へ戻る